立葉地域活動協議会

活動地域

立葉1~2丁目、桜川3~4丁目、木津川1~2丁目、久保吉1~2丁目、芦原1~2丁目


 

立葉地域活動協議会は、20代~60代の若さあふれるメンバーを中心に活動しています。

立葉地域では、以前より青少年指導員や生涯学習推進員、生涯学習ルーム、はぐくみネット、PTA、女性会、スポーツ推進委員等の地域団体が活発に活動していました。地域の一大イベント「立葉まつり」(当初は盆踊り)の運営を通して、各種団体が地区社会福祉協議会としてまとまり、団結していたことが地域活動協議会の活動につながっています。

小学校での親子料理教室や夏のつどいなど、子どもも大人も高齢者も楽しめる、個性ある行事が特徴です。それぞれができることを役割分担し、自主的に運営できる雰囲気があります。

 

 (なでしこ2013年11月号 地活協紹介記事より)


(毎年花見の頃に開催する立葉まつり)


立葉地活協会長 松岡義博さん(まつおか よしひろ)

①生まれ年(星座) 1954年生(ふたご座)

②血液型 B型

③出身地 浪速区

④地域活動デビューのきっかけ 

 20歳のときに水防団、青少年指導員

⑤イチオシの地域行事  立葉まつり

⑥おすすめスポット

 立葉公園

(地域の人がいつもきれいに清掃しているので)

地域活動はオモロくやります

 

現在の浪速区では最年少会長の松岡さん。PTAや青指など若手のメンバーが参加しやすい雰囲気づくりが得意で、近隣企業の職員まで巻き込むほど。

「ボランティアやから楽しくないと続かへん。せやからオモロくやんねん」がポリシーで、みそ作り・うどん打ち教室やサンバが登場する夏祭りなど企画はユニーク。イベントでの名司会ぶりも見逃せない。